INTERVIEW

インタビュー1

お客様とも現場とも
人との関わりを感じ
大切にできる

営業部営業1課

A.S

2021年入社。社会人野球を続けながら就職したいと希望し、入社。営業として勤務。「五輪パッキングにお願いしよう」とお客様に思ってもらえるよう、日々「人との関わり」を大切に働いている

物と物をつなぐ会社の役割を誇りに思う

この会社に入社し、最初から営業部に配属となりました。直接企業の方々とやり取りをさせていただいている中で、例えば携帯電話やパソコンなど電子機器に使われている当社製品には一つ一つに意味があると知りました。その一つの製品に携わることができて、五輪パッキングの「モノとモノをつないでいる役割」って大切だなと感じます。

主な仕事の流れは、お客様から連絡をいただき、希望される図面を受け取り、「こういうものに対してこういうものを使いたい。どう思う?」と聞かれます。

それに対し、自分たちが提案したもので了承を得たら、社内に展開して見積もりを提出し、実際に製品を作る。完成したら、図面通りにできているかを確認して、お客様に納品します。

もともとどの業種であっても、人と関わる仕事がいいと思っていました。ただ今は本当に営業でいいのかなと毎日考えますね。
お客様とやりとりする中で、どうしても自分一人では解決できないことが増えていく。実際にこの会社で営業をやってみて、図面を理解するということはすごく難しいなとつくづく感じています。

日々新しい課題も、現場への相談で解決していける

経験を積んできて、成長していると自分でも思いたいですが、一つできるようになったら、今までできなかったことがより明確になる。ある意味、毎日が新鮮で、何をするにしても同じことの繰り返しではないと感じます。

お客様からの要望に対しても、つい頭で考え込んでしまうことがありますが、それを現場の人に相談すると、こうすればこう安くできると教えてくれたり、もっと簡単にできると提案してくれたり。
人と人との関わりのありがたさは、この会社に入って、より感じましたね。

会社に入ったからには一番になりたい

毎日新しいことばかりで分からないことがつらいってことはありますが、だから勉強しなくちゃいけないし、先輩に追いつきたい。
先輩には聞きやすいのでありがたいです。誰にでも聞けるような環境に感謝しています。

この会社に入った以上は営業の中で一番になりたいですね。売上金額もそうですが、10年20年後の会社を考えたときに、自分が何でも分かる営業マンになることが大切なんじゃないかと思います。