DIGITAL CAMERA

デジタルカメラ

ミラーレスカメラは、伝統的な一眼レフカメラと比較して、非常にコンパクトで軽量なデジタルカメラの一種です。
ミラーレスカメラは、レフレックスミラーがなく、光学ビューファインダーが不要なため、本体が小さく、レンズ交換が可能な一眼レフの特徴を保ちつつ、よりポータブルで使いやすいものとなっています。
打ち抜き加工品として、主に防水、防振、絶縁シートを使用しています。その他特殊な機能性材料として、放熱シートや電波吸収シート、手ブレ補正として、マグネットを使用しています。

デジタルカメラに用いられる打ち抜き加工技術

イラスト:デジタルカメラに用いられる打ち抜き加工技術
  • マグネット(手振れ補正材)

    手振れ補正は、内部に搭載されたマグネットが、撮影時の手ブレを自動的に補正します。マグネットはセンサー情報に基づいてレンズやイメージセンサーの微細な動きを制御し、より安定した写真や動画を提供します。

  • 振動吸収材

    振動吸収材の打ち抜き加工品は、撮影時に生じる振動を軽減し、画像のブレや劣化を防ぐ役割を果たします。柔らかい素材が使用され、振動を吸収・減衰させ、安定した画像品質を提供します。

  • 反射防止材

    CMOSセンサーへの正確な画像入力(集光)をするために、乱反射光・余剰光を遮光するパーツです。適切な低反射材料を選択することにより安定的な画像光の集光に役立ちます。

  • 防水シート

    防水シートの打ち抜き加工品は、レンズやカメラボディの接合部に貼り付け密閉し、水が内部に侵入しないようにします。それにより室外で安心して使用できます。

  • 放熱シート

    放熱シートは、内部の熱を効果的に分散するための薄い材料です。これにより、長時間の連続撮影や高解像度のビデオ撮影時の過熱を防ぎ、性能を維持します。

  • 絶縁シート

    絶縁シートの打ち抜き加工品は、電子機器や基盤などから発生する電気ストレスによる電流の漏れやショートを防ぎ、安全性や信頼性を向上させる役割を果たします。