PUNCHING

打ち抜き加工技術

打ち抜き加工技術とは、両面テープ・フィルム・クッション・金属箔などの比較的低硬度の材料を、必要に応じて貼り合わせを行い、ビク(トムソン)型・ピナクル型・プレス型に代表される金型を材料に押し付ける事で、必要とされる形状を作り出す加工技術です。ビク型・ピナクル型の加工は、お菓子作りで用いられるクッキー生地を、型を利用して抜き取る様をイメージしていただくとわかりやすいです。
 
この加工技術は、高い量産性と精度に加え、汎用性も極めて高いため、様々な製品製造で用いられています。
 
当社は、時代に合わせて変わっていく、「新たな材料、新たな構成、より高い精度」といったお客様のニーズを、打ち抜き加工技術を磨くことで実現してまいりました。今後も、ますます高まるニーズに応えるため、未来の打ち抜き加工技術の確立を目標に、日々試行錯誤を繰り返しています。

打ち抜き加工技術の種類

打ち抜き加工の工程例

打ち抜き工程 概要図

画像:打ち抜き工程 概要図

打ち抜き・・・主に型を使用して加工すること。

カス上げ・・・不要部を除去すること。

セパ上げ・・・セパレーター上げの略称で、不要なセパレーターを除去すること。

材料貼り込み・・・セパ上げ後、テープの糊がむき出しになるため、その製品に適した機能性材料を貼り込むこと。

シートカット・・・製品が貼りついているシートを任意のサイズにカットすること。

各工程毎の加工状態

画像:各工程毎の加工状態

打ち抜き加工の金型説明

  • ビク型

    画像:ビク型

  • ピナクル型

    画像:ピナクル型

型の特長

型名 ビク型 ピナクル型
作成方法 刃を加工後カットして
ダイボード(ベニア板)に装着
エッチング加工後に
刃をシャープニング加工(研磨)
作成費用
作成期間
加工精度 (つなぎ目有) (つなぎ目無)
寿命

ピナクル・プレス型

プレス型でガイド穴(基準穴)や小径の穴をあける

画像:ピナクル・プレス型

ピナクル・パイロット型

パイロットピンの付いた金型と受けの金型セット

画像:ピナクル・パイロット型

金型が不要な打ち抜き加工

画像:金型が不要な打ち抜き加工