LED

LED照明

LEDは、様々なモノに使用されており、我々の生活において必要不可欠なものです。
その中でもLED照明には、主に反射・拡散・絶縁シートの打ち抜き加工品が使用されています。
当社では、LEDの性能を最大限に発揮できるよう、適切な材料選定から様々な大きさの打ち抜き加工を行い、人々の生活を明るく豊かにしていきます。

LED照明に用いられる打ち抜き加工技術

イラスト:LED照明に用いられる打ち抜き加工技術
  • 反射シート

    反射シートの打ち抜き加工品は、光を反射させ、周囲をより明るく照らし、視認性・節電効果を高めます。器具スタイルによって形状を変えることで、より効果的な反射が見込めます。

  • 放熱シート

    LED照明内部の熱を効果的に分散するための薄い材料です。これにより、過熱を防ぎ、LEDの性能を維持します。

  • 絶縁シート

    絶縁シートの打ち抜き加工品は、インバーター(電源回路)などから発生する電気ストレスに耐える構造が求められ、故障や誤作動が起こらないよう安全を確保します。

  • 防水パッキン

    屋外用LED照明には水や塵の侵入を防ぐ耐候性が必要不可欠です。Oリングなども使用され、溝部に装着し、水や塵などからLED照明を守ります。

  • 拡散シート

    拡散シートの打ち抜き加工品は、LEDからの光を均一に拡散し、照らす範囲を広げる役割を果たします。また、光の散乱を制御し、視認性を向上させます。